ホーム外来の方へ › 輸血を拒否される患者さんに対する当院の基本方針

輸血を拒否される患者さんに対する当院の基本方針

当院は相対的無輸血で対応します

  1. 宗教上の理由に基づく輸血拒否は、患者個人の自己決定権として尊重し、輸血以外の治療手段の提供に努力します。
  2. 輸血以外に救命手段がない場合は、輸血同意書が確保できなくても輸血を行います。この方針は、成人・未成年の区別に関わりありません(絶対的無輸血の拒否)。
  3. 絶対的無輸血を誓約する免責証明書等に署名・捺印はいたしません。

相対的無輸血 患者さんの意志を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至った時には輸血をするという立場・考え方。
絶対的無輸血 患者さんの意志を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。

このページの上へ

CopyRight(C) SAISEIKAI NOE HOSPITAL All Rights Reserved.
文字を大きくする文字を小さくする