ホーム臨床研修制度 › 研修の理念と目標

研修の理念と目標

1.臨床研修病院理念

済生会野江病院は医療や福祉に貢献することを使命とし、地域の唯一の公的病院として、また基幹病院として周辺医療機関と協力し良質で安全な医療を提供すると同時に、人材の育成・指導・教育をしなければならない。
特に医師は医療体制の中でチームリーダーとして重い責任があり、その能力を習得するには長期間の厳しいトレーニングが必要である。
平成16年度から新医師臨床研修制度が始まり、人格の涵養・プライマリーケアの習得・安全な医療の提供・全人的な対応等が求められており、当院は臨床研修病院として豊かな感性を持ち知識・技能・経験を十分習得し患者さんから信頼される医師を養成していきたい。

2.初期臨床研修の目標

医師が医師としての人格を涵養し、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁にかかわる疾病に、適切に対応できる診療能力を身につけることを第一の研修目標とします。

〈基本目標〉
  1. 医師の人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の社会的ニーズを認識する。
  2. 一般的な診療において頻繁にかかわる負傷または疾病に適切に対応できるよう、基本的な知識、技能、態度、判断能力を身につける。
  3. 緊急を要する疾病に対する初期診療能力を身につける。
  4. 患者、家族のニーズを、身体的、心理的、社会的側面から把握できる能力を身につける。
  5. 医師、患者、家族がともに納得できる医療を行う為の、インフォームド・コンセントが実施できる能力を身につける。
  6. 守秘義務を果たし、個人情報保護を理解できる能力を身につける。
  7. 医療チームの原則を理解し、保健・医療・福祉の幅広い職種からなる他の担当者と連携・交信することができる。
  8. 患者の問題を把握し、問題対応型の思考を行い、生涯にわたる自己学習の習慣を身につける。
  9. 患者及び医療従事者にとって安全な医療を遂行する為に、安全確認の考え方を理解・実施し、医療事故防止対策及び感染防止対策に関して、マニュアル等に沿って実施できる。
  10. 臨床症例に関する検討会や学術集会等に参加し、チーム医療の実践と自己の臨床能力向上に不可欠な症例呈示と意見交換を行うことができる。
  11. 保健医療法規・制度、医療保険・公費負担医療を理解し、適切な診療、行動ができる。
  12. 自己評価を行い、第三者による評価を受け入れ、診療に活用することができる態度を身につける。

3. 後期臨床研修の目標

初期臨床研修修了者がさらに専門分野の高度な知識及び技術を習得することを目的とします。詳細は各科プログラムを参照してください。

このページの上へ

CopyRight(C) SAISEIKAI NOE HOSPITAL All Rights Reserved.
文字を大きくする文字を小さくする