ホーム病院について診療科のご案内 › 無菌治療センター

無菌治療センター

診療内容

白血病などの血液の病気や、抗がん剤治療などによってからだを守る力が低下した状態では感染を起こし易くなります。重症感染症を起こすと命の危険とともに、抗がん剤治療を中止・変更しなくてはならなくなる場合があるため、感染予防のために、フィルターを通したきれいな空気や滅菌水が利用できる無菌室という個室に移っていただいて行うのが無菌治療です。
近年、多種の抗がん剤を組み合わせての治療や、御高齢の患者さんでの抗がん剤治療が増えてきたため、抗がん剤治療後一時的に無菌室に移って感染から身を守っていただくケースも増えてきています。

当院では8階西病棟にある4部屋の無菌治療室に加え、アイソレーターという機械を利用して個室を準無菌室にすることができます。各科の主治医の先生と連携をとって運用しますので無菌室の利用に際して転科は必要ありません。

全ての抗がん剤治療で必要となる訳ではありませんが、抵抗力の低下している患者さんは必要に応じて当センターでの治療を受けていただきます。

このページの上へ

スタッフ紹介

photo センター長兼血液・リウマチ内科部長 田端 理英
[学位等]
京都大学医学部卒/同大学院修了/医学博士
[専門医・認定医]
日本内科学会(専門医)/日本血液学会(専門医・指導医)/
日本輸血学会(認定医)/日本リウマチ学会(専門医・指導医)/
日本臨床腫瘍学会(暫定指導医)/
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医/
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
photo 血液・リウマチ内科副部長 前迫 善智
[学位等]
筑波大学医学部卒/京都大学大学院修了/医学博士
[専門医・認定医]
日本内科学会(認定内科医・総合内科専門医・指導医)/
日本血液学会(専門医・指導医)/日本造血細胞移植学会(認定医)/
日本がん治療認定医機構 暫定教育医/日本医師会認定産業医

このページの上へ

CopyRight(C) SAISEIKAI NOE HOSPITAL All Rights Reserved.
文字を大きくする文字を小さくする