ホーム病院について診療科のご案内 › 糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科

診療内容

糖尿病内科

今や国民病とも言われる糖尿病。患者さんの増加に伴い、当院では平成17年6月より糖尿病・内分泌外来を新設し、糖尿病専門医が診察治療にあたっています。糖尿病は、体質に基づき生活習慣に関係する病気のため、食事療法や運動療法による自己管理が大切です。当院では、糖尿病教室やきめ細かい栄養指導を行っています。また、クリニカルパスを積極的に取り入れています。

 3大合併症(網膜症、腎症、神経障害)の予防・進展阻止のため、血糖の厳密な管理は当然ですが、血糖の管理のみでは大血管合併症(心筋梗塞、脳梗塞など)は予防できないことが明らかとなっています。そのため、血糖の管理だけに追われるのではなく、高血圧・高脂血症・肥満など、他の危険因子も含めて高度な管理、治療を目指しており、関連各科と緊密に連携しています。

 当院では、地域の特性としてセンター的役割も担っており、近くの開業医の先生と併診できるように、病診連携のネットワークの構築を図っています。なお、糖尿病患者さんの会として、「野江糖尿病協会」があり、ウォークラリーや日帰りバス旅行などの行事が行われています。

 内分泌疾患には、下垂体、副腎などがありますが、甲状腺が多く機能亢進症と低下症が主体です。結節性甲状腺腫では、エコーや吸引細胞診で質的診断を行い、耳鼻咽喉科と協力しながら、悪性疾患の早期診断・治療に努めています。

※クリニカルパス(PDF)
  ・糖尿病・内分泌内科-GLP-1自己注射導入パス-医療者用
  ・糖尿病・内分泌内科-GLP-1自己注射導入パス-患者用
  ・糖尿病・内分泌内科-GLP-1自己注射導入パス-体重測定
  ・糖尿病・内分泌内科-血糖コントロール-医療者用
  ・糖尿病・内分泌内科-血糖コントロール-患者用

DM net ONE(糖尿病地域連携)について

このページの上へ

患者の皆さまへメッセージ

糖尿病は「沈黙の病気」とも言われるように、ほとんど症状が出ないのが特徴であり、自覚症状はあてになりません。そのため、定期的検査が必要であり、可能な限り血糖を正常化することが大切です。

このページの上へ

診療担当・日時

 
午前 B-13 予約外来
安田
新患・予約
安田
予約外来
安田
予約外来
山藤
予約外来
北本
B-14
予約外新患
山藤 森田 太田 森田 安田
午後 B-13 予約外来
森田
- 予約外来
太田
予約外来
山藤
予約外来
北本
B-14   -
予約外来
北本

 

予約外来
鯉江

 

予約外来
山藤

 

→休診・代診のお知らせ

このページの上へ

診療実績

入院患者・死亡患者の疾患(主病名)別内訳 平成28年度

(単位:人)

疾患 のべ入院者数 死亡者数
2型糖尿病
257
0
1型糖尿病
18
0
2次性糖尿病
4
0
内分泌疾患
18
0
電解質異常
13
0
その他
86
1
396
1

臨床試験について

→実施中の臨床試験

このページの上へ

スタッフ紹介

photo 副院長兼部長兼栄養管理科部長 安田 浩一朗
[学位等]
近畿大学医学部卒/医学博士/
京都大学医学部糖尿病・内分泌・栄養内科臨床教授
[専門医・認定医]
日本内科学会(認定医)/
日本糖尿病学会(専門医・学術評議員・研修指導医)/
日本病態栄養学会(病態栄養専門医・評議員)
photo 副部長 山藤 知宏
[学位等]
近畿大学医学部卒
[専門医・認定医]
日本内科学会(認定医)/日本糖尿病学会(専門医)
photo 医員 北本 友佳
[学位等]
福井大学医学部卒
[専門医・認定医]
日本内科学会(認定医)/日本糖尿病学会(専門医)/
日本病態栄養学会(病態栄養専門医)
photo 医員 森田  聖
[学位等]
関西医科大学医学部卒
[専門医・認定医]
日本内科学会(認定医)/日本糖尿病学会(専門医)
photo 医員 太田 充
[学位等]
関西医科大学医学部卒
[専門医・認定医]
日本内科学会(認定医)
photo 非常勤医師 鯉江 基哉
[学位等]
奈良県立医科大学医学部卒
[専門医・認定医]
日本内科学会(認定医・総合内科専門医)/
日本糖尿病学会(専門医・研修指導医) /
日本医師会認定産業医

このページの上へ

CopyRight(C) SAISEIKAI NOE HOSPITAL All Rights Reserved.
文字を大きくする文字を小さくする