ホーム外来の方へ › 当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について

当院職員における新型コロナウイルス感染症の発生について

この度、当院職員の新型コロナウイルス感染症のPCR検査陽性が判明いたしましたので、お知らせいたします。

【5例目】

8月5日(水)
 職員1名の新型コロナウイルス感染症のPCR検査陽性が判明致しました。本人へのヒアリングの結果、感染経路は不明であり市中感染(院外での感染)と判断しております。
現在、職員は14日間の自宅待機としております。大阪市保健所と相談の結果、濃厚接触者はいませんでした。また、院内の消毒も保健所指導のもと実施済みです。
 

 現在、大阪市保健所のご指導のもと、入院診療および外来診療は通常通り行っておりますが、職員の市中感染による新型コロナウイルス感染症の発生を受け、更なる感染防止を徹底するため、念のために一部診療を縮小(不急の手術の延期等)することと致します。
また、これらには全く関連性はなく、職員は常に感染防止対策を徹底して体調管理に努めていることからも、院内感染やクラスターではございませんので、ご安心ください。
皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、当院では引き続き感染防止に更に努めてまいりますので、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

 

このページの上へ

CopyRight(C) SAISEIKAI NOE HOSPITAL All Rights Reserved.
文字を大きくする文字を小さくする