ホーム病院について訪問看護ステーション › 当ステーションの特徴

当ステーションの特徴

事業所の写真 済生会野江訪問看護ステーションでは、『笑顔で安心、信頼、誠実な看護』を、かかりつけの医師と連携をとりながら提供いたします。お気軽にご相談ください。

〒536-0002
大阪市城東区今福東2丁目2番26号 大阪済生会野江看護専門学校1階
TEL 06-6932-0724
FAX  06-6932-0666
施設長 堂前 尚親
管理者 横山 頼子

当ステーションの特徴

  1. 『24時間・365日の対応体制』をとっています。
    ・いつでも電話で看護相談を受けます。
    ・必要なときには臨時訪問を行います。
  2. 療養生活への支援を丁寧に行います。
    (睡眠、食事・栄養状態・排泄に関するケア、入浴やシャワー浴等の清潔ケア、日常生活動作の評価とリハビリテーション)
  3. 傷や床ずれのケア、留置カテーテル・在宅酸素・点滴静脈注射など医師の指示による医療的ケアを行います。
  4. 緩和ケア・ターミナルケアを積極的に行い、最期まで支援します。
  5. かかりつけ医との密な連携を行っています。

ご利用の対象となる方

介護度にかかわらず、症状観察や療養生活に不安のある方を専門家の目で見守り、自立支援を行います

年齢に関係なく、家庭において療養なさっている方で、かかりつけの医師が訪問看護を必要と認めた方(介護保険および医療保険に加入の方)

介護予防訪問看護も行っております

たとえば、次のようなことでお困りの方は、お気軽にご相談下さい

  • 病気やけがなどで寝たきり、もしくは寝たきりの心配がある
  • 認知症の症状がある
  • 自宅で酸素吸入や痰の吸入が必要である
  • 難病、ガン、カテーテル管理が必要で不安
  • 一人では体を自由に動かせない
  • 家族が介護に疲れている
  • 家族が留守にする時、看護するものがいない

スタッフ紹介

事業所の写真 当ステーションでは、がん性疼痛看護認定看護師を含む7名の専門の看護師が療養されているお一人おひとりに合った「看護」を「誠実」に提供しています。
私たちはその方が本来持っている「生きる力」を支える看護を大切にしています。
サービスは、ご本人やご家族とご相談しながら、かかりつけ医師などと連携をとりながら、計画的に進めています。お気軽にご相談下さい。
 

がん性疼痛看護認定看護師 横山頼子
photo 退院後や外来で治療を継続しながらの在宅生活の中で、これからの病気に対する不安、生活や仕事への不安、身体や心の苦痛に対し、薬剤の調整や療養の仕方、がんとの付き合い方などを、お一人おひとりの思いや希望、生活スタイルに寄り添いながら共に考え支援していく事が、地域の訪問看護ステーションのがん性疼痛看護認定看護師の役割です。
 「最期まで家で暮らせてよかった」と思える看護を提供しています。

このページの上へ

CopyRight(C) SAISEIKAI NOE HOSPITAL All Rights Reserved.
文字を大きくする文字を小さくする