ホーム病院について › 病院勤務医の負担の軽減及び処遇の改善に関する取組事項

病院勤務医の負担の軽減及び処遇の改善に関する取組事項

済生会野江病院では病院勤務医を含む医療従事者の負担軽減及び処遇の改善を図ることを目的として『医療従事者の負担軽減・役割分担推進委員会』を設け、『病院勤務医の負担の軽減及び処遇の改善に関する計画』及び『医療従事者の負担の軽減及び処遇の改善に資する計画』を作成し以下の取り組みを行っています。
 

  1. 医師事務作業補助者の配置による病院勤務医の事務作業の負担軽減。
  2. 医事課職員による診療報酬点検の補助、効率化。
  3. 手術日前日の宿直をさける調整。
  4. 短時間正規雇用医師の採用を含む、多様な働き方による負担軽減。
  5. 宿直翌日の、早期帰宅の徹底。タイムカードによる勤務時間の把握、評価。
  6. 病棟薬剤師を配置し、協働して薬物治療を計画。
  7. AST(抗菌薬適正使用支援チーム)による抗菌薬選択、耐性菌対策のサポート。
  8. 他医療機関に協力を求めて逆紹介の推進を行うなど、外来縮小の取り組み。
  9. 院内保育所の設置。
  10. 特定行為研修修了者である看護師の配置。
  11. 助産師外来の設置。
  12. 看護補助者の配置による看護職員の負担軽減対策。

このページの上へ

CopyRight(C) SAISEIKAI NOE HOSPITAL All Rights Reserved.
文字を大きくする文字を小さくする