手術支援ロボットによる腹腔鏡手術を行っています

患者さんへ

手術支援ロボットによる腹腔鏡手術を行っています

当院では、2024年1月より手術支援ロボット ダヴィンチ(da Vinci Xi 米国Intuitive Surgical社製)を導入し、ロボット支援腹腔鏡手術を行っています。

e8bc74f8164565a6b8226cac35b76d25-1712732949.jpeg

ロボット支援手術は従来の腹腔鏡手術をさらに進化させた手術です。
お腹に数箇所、12㎜以下の小さな傷をつけ、手となる細長い鉗子(かんし)や電気メス、超音波凝固切開装置、目となるカメラなどを挿入し、これら4本をロボットアームに装着します(図1)。術者はロボット操作用のサージョンコンソール(操縦席)に座り、3D画像を見ながら手術を行います(図2)。

65ad42c0d0e11ba10b206c595d8454c4-1712732959.jpeg
448d6080e719dae91cb4bd98319e4b4f-1712732979.jpeg

これまでの直線的な動きが中心の腹腔鏡鉗子と異なり、ダヴィンチの鉗子は540度の可動域を持ち、人間の手の動きをはるかに上回る角度で手術が可能となります(図3)。よって骨盤の奥など、狭いスペースでの精密な操作が大きな利点となります。

eee8704c52b3e7510a80b79e31293f95-1712733008.jpeg

当院ではその利点を活用すべく、保険適応である消化器外科の大腸癌(直腸癌、結腸癌)の手術より開始し、泌尿器科、婦人科手術で順次実施しており、さらには呼吸器外科手術へと拡大していく予定です。

(消化器外科 部長 太田秀一)

お知らせ

  • イベント

    市民公開講座「認知症の理解と治療」開催のお知ら...

  • 採用情報

    医療ソーシャルワーカー(新卒)

  • 採用情報

    初期臨床研修医

  • 採用情報

    看護師(2025年卒)

  • 患者さんへ 重要なお知らせ

    面会制限 緩和のお知らせ

  • 医療関係者の方へ

    第6回大阪市東部吸入指導実践セミナー 開催のお...

  • イベント

    認定看護師市民講座 開催のお知らせ

  • 患者さんへ

    「外来担当医表」を更新しました

  • 採用情報

    看護助手(パート)

  • 患者さんへ 重要なお知らせ

    輸血を拒否される患者さんに対する当院の基本方針

pagetop