ホーム病院について診療科のご案内 › 呼吸器外科

呼吸器外科

診療内容

呼吸器外科は、肺、気管・気管支や縦隔(左右の肺に挟まれた部分)、胸壁などの胸部臓器(乳腺、心臓大血管は除く)の疾患に対する手術を主体とした治療を行っている診療科です。主な対象疾患としては、肺癌、転移性肺腫瘍や良性腫瘍を含む肺腫瘍、縦隔腫瘍、膿胸や肺化膿症という炎症性疾患、自然気胸(肺のパンク)や巨大肺嚢胞などの肺嚢胞性疾患が挙げられますが、当院では肺癌と肺嚢胞性疾患に対する手術が、大半を占めています。

肺癌につきましては、呼吸器内科と連携をとりながら、その診断の段階から関わるようにしています。CTで見つかる異常陰影の中には、気管支鏡などの従来の検査では診断が得られない症例もあります。その場合はPET等の画像診断を検討し、全身麻酔下に胸腔鏡下生検を行い、迅速診断の結果で癌の診断が得られれば、そのまま根治術を行う症例も増えてきています。また、リンパ節転移の無いⅠ期肺癌に対しては、胸腔鏡補助下の肺葉切除+リンパ節郭清という手術を積極的に行い、入院期間の短縮にも努めています。また、リンパ節転移を認める肺癌に対しましては、進行度に応じて、化学療法あるいは放射線・化学療法の導入療法後に手術を行ったり、あるいは、手術をした後、補助化学療法を追加したりしています。

自然気胸につきましては、再発症例、空気漏れの持続する症例に対し、胸腔鏡下肺部分切除術を行っています。この病気は良性疾患であり、手術の決定に際しては、再発率、感染のリスク、予想される入院期間等をご説明し、患者さんに最終決定権を委ねています。

縦隔腫瘍につきましては、嚢胞性腫瘍であることがわかれば、経過観察か摘出かは患者さんの意向に沿うようにしています。充実性腫瘍は摘出が原則ですが、低悪性度腫瘍である胸腺腫を除けば胸腔鏡下手術を第一選択とするようにしています。

炎症性疾患につきましては、抗生剤治療に抵抗する場合、入院期間の短縮のため、喀血が止まらない等種々の理由で外科的治療を行っています。呼吸器内科とのカンファレンスを通じて、もっとも適切な治療は何かを十分検討した後、患者さんに治療方法を提示し、十分納得していただいた上で治療を行うように努めています。

第2・4金曜日(午後)にセカンドオピニオン外来を開設しております。肺癌治療以外にも呼吸器外科疾患全般に対応しております。ご希望の方は予めお電話で予約をおとりくださるようお願いします。

このページの上へ

患者の皆さまへメッセージ

「自分の家族にしてあげたい治療を行う」というのが、京都大学呼吸器外科教室のモットーです。私たちは、教室の伝統に従って、もっとも適切と思われる治療方法をご提案するように心がけています。治療方法を十分ご納得いただいた上で、治療を行うように努めますが、もし疑問な点がございましたら、遠慮なくご質問くださるようにお願い申し上げます。

このページの上へ

診療担当・日時

 
午前 B-3 中川 寺町 (手術) 寺町 (検査/手術)
午後 B-3 寺町 - 中川 予約外来
寺町※
(第2・4のみ)

セカンドオピニオン予約外来

→休診・代診のお知らせ

このページの上へ

診療実績

呼吸器外科手術統計 平成28年度

(単位:件)

麻酔方法 全身麻酔 77
局所麻酔 1
合計 78
全身麻酔手術の内訳
疾患別 原発性肺癌 28
転移性肺腫瘍 5
良性肺腫瘍 1
炎症性肺疾患 2
気胸・嚢胞性肺疾患 30
縦隔腫瘍 4
膿胸 2
その他 5
主要
術式別
肺摘除術 2
肺葉切除術 26
肺区域切除術 3
肺部分切除術 35
縦隔腫瘍切除術 4
膿胸根治術 2
その他 5
(内、胸腔鏡手術) (48)

臨床試験について

→実施中の臨床試験

このページの上へ

スタッフ紹介

photo 部長 寺町 政美
[学位等]
京都大学医学部卒/同大学院修了/医学博士
[専門医・認定医]
呼吸器外科専門医/日本呼吸器外科学会(指導医・評議員)/
日本胸部外科学会(指導医)/日本外科学会(専門医)
photo 副部長 中川 正嗣
[学位等]
浜松医科大学医学部卒/京都大学大学院修了/医学博士
[専門医・認定医]
呼吸器外科専門医/日本呼吸器外科学会(評議員)/
日本胸部外科学会(認定医)/
日本外科学会(専門医)/日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

このページの上へ

CopyRight(C) SAISEIKAI NOE HOSPITAL All Rights Reserved.
文字を大きくする文字を小さくする