呼吸器外科department

概要

ご挨拶

呼吸器外科では肺がん、縦隔腫瘍、中皮腫といった腫瘍疾患を中心に、気胸、膿胸、外傷の外科を担当しています。
個々の患者さんは事情背景が大きく異なります。個別に相談し、最新の知見とガイドラインに沿った治療を提供します。

診療内容

胸腔鏡ロボット手術から免疫治療併用手術まで

呼吸器外科専門医1名と呼吸器外科スタッフ2名の3名体制で診療にあたりますが、治療方針は呼吸器内科、放射線治療科、病理診断科とチームで検討します。
手術は全例に胸腔鏡を使用しています。傷が小さく、手術時間も短いため、合併症は減少しており、高齢者や従来では手術ができかなった患者さんも治療が可能になっています。手術を受けたすべての方が元気に退院することを目標に、きめ細やかな周術期管理を行っています。

主な疾患

原発性肺がん

早期肺がんには胸腔鏡またはロボットを用いた低侵襲手術を行い、進行期肺がんには免疫治療を併用した集学的治療を提供しています。

転移性肺腫瘍

大腸がん、食道がん、胃がんと肺には多くの癌腫が転移してきます。切除により良好な成績があげられており、積極的に切除をすすめます。肺を温存する術式を選択します。

中皮腫

胸膜から発生した腫瘍です。予後の改善が期待できる中皮腫は切除適応があり、抗がん剤と手術を併せた治療を積極的に行っています。

気胸

肺の弱い部分(ブラ)から空気が漏れて肺が虚脱した状態です。気胸に対する治療は①経過観察②胸腔ドレナージ③手術があります。①②では軽快後の再発が50%程度と高く、③手術は再発する場合、空気漏れが継続する場合やブラがある場合に行います。

膿胸

膿胸は診断後どれだけ早く膿胸腔を洗浄できるかが、すみやかな治療につながります。迅速にドレナージ、洗浄を実施します。

縦隔腫瘍

胸腔鏡下に手術を実施しますが、進行期病変には胸骨の正中切開を選択します。胸腺腫・胸腺嚢胞・胸腺がん、奇形腫などの手術を行っています。

患者さんおよびご家族へ

患者さん本人の意思を最大限に尊重し、必要かつ十分な医療を提供するため、病状はすべて告知して治療を行っています。わかりやすい説明を行い、十分理解していただいたうえ、治療を一緒に進めたいと考えております。

学生、初期研修医へ

当科では、手術、処置、気管支鏡、化学療法と呼吸器外科領域の治療を内科とともに広く行っています。優秀な呼吸器外科医を育成する準備があります。見学、研修に関心のある方はいつでも連絡をください(人事課)。

医師紹介

  • 多久和 輝尚

    多久和 輝尚
    たくわ てるひさ

    役職 部長
    専門分野 呼吸器外科一般
    資格

    日本呼吸器外科学会(専門医・評議員)
    日本外科学会(専門医・指導医)
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
    胸腔鏡技術認定医

  • 大迫 隆敏
    おおさこ たかとし

    役職 医員
  • 進藤 祐輔
    しんどう ゆうすけ

    役職 医員

手術件数

(単位:件)

2019
年度
2020
年度
2021
年度
2022
年度
2023
年度
全身麻酔手術 症例数 163 117 145 152 165
疾患別 原発性肺癌 75 51 70 79 85
転移性肺腫瘍 8 5 11 14 11
良性肺腫瘍 11 9 6 5 5
気胸・嚢胞性肺疾患 31 20 34 21 26
縦隔腫瘍 10 6 4 4 8
膿胸 9 7 7 14 13
その他 19 19 13 15 17

外来担当医表

午前 B-3 多久和 多久和 手術 多久和 手術
午後 B-3 大迫 手術 手術

5月30日(木)の呼吸器外科の診察は、休診となります。ご了承ください。

pagetop