ホーム病院について診療科のご案内 › 脳卒中センター

脳卒中センター

診療内容

脳卒中とは、脳に突然生じる血管障害の総称で、脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血のいずれかの病型で発症します。それらの疾患は、運動機能・言語理解・精神活動といった人間活動における重要な機能に障害を生じることが多く、寝たきり高齢者の約6割は脳卒中によるものといわれています。高齢化をむかえた現代社会において、脳卒中は克服すべき疾患の筆頭にあげられているといっても過言ではありません。しかし、脳卒中の大部分は、一刻を争う緊急の対応と、高度な診断・治療技術が要求されます。脳卒中ガイドラインによると、脳卒中の治療は、急性期から専門病棟で行うことで、死亡率の減少、入院期間の短縮、自宅退院率の増加、日常生活能力の室の改善、などが明らかにされています。

当院では『一人でも多くの脳卒中患者を発症初期から診療し元気に社会復帰していただく』をモットーに、脳神経外科医、神経内科医、救急集中治療医、脳血管内治療医、脳卒中認定看護師を中心とした専門看護スタッフ、専任の理学・作業・言語療法士、薬剤師が、「脳卒中センター」を構成し、入院初日から密度の高い治療・看護・リハビリテーションを行う体制を整えています。同時に、緊急開頭手術・血管内治療・超急性期血栓溶解療法(TPA)にも対応可能な脳卒中専用集中治療病棟(脳卒中ケアセンター:8床)を併設いたしております。当センターは、城東・鶴見区を中心とした周辺医療圏の文字通り「中心」となって、地域の皆様を脳卒中から守る「大きな砦」となるよう努めてまいります。

このページの上へ

診療実績

平成28年 脳卒中入院患者数(一過性脳虚血発作を除く)

(単位:人)

  脳梗塞 脳内出血 くも膜下出血
脳神経外科 23 52 10 85
神経内科 178 0 0 178
201 52 10 263

このページの上へ

スタッフ紹介

photo センター長 河野 勝彦
[学位等]
愛媛大学医学部卒/京都大学大学院修了/医学博士
[専門医・認定医]
日本脳神経外科学会(専門医)/日本脳卒中学会(専門医)
photo 副センター長 河野 隆一
[学位等]
高知医科大学医学部卒/京都大学大学院修了/医学博士
[専門医・認定医]
日本神経学会(神経内科専門医・指導医)/
日本内科学会(認定内科医)/
日本認知症学会(専門医・指導医)

脳卒中センター構成 

医師部門

脳神経外科(4人)、神経内科(4人)、救急集中治療科(2人)

薬局

薬剤師(1人)

看護部

脳卒中認定看護師(1人)、
専任看護スタッフ(15人)

リハビリテーションスタッフ

理学療法士(1人)、作業療法士(1人)、言語療法士(1人)

栄養管理科

管理栄養士(1人)

事務系

医事課(1人)、地域医療連携課(2人)

脳卒中ケアセンター(SCU)

入口 スタッフステーション
   
4床室 個室
   

このページの上へ

CopyRight(C) SAISEIKAI NOE HOSPITAL All Rights Reserved.
文字を大きくする文字を小さくする